旅のしおり雑記

遠足のしおりの作り方と注意する内容。幼稚園や小学校でも使えるポイント

更新日:

幼稚園や小学校のお楽しみ行事。

それが遠足です。

そして遠足には「しおり」がつきものです。人生で初めて接する旅のしおりは遠足のしおりと言っても過言ではありません。

ここでは遠足のしおりの意味や作り方、注意することをご紹介していきます。

歩いての遠足、バスでの遠足、遠足とは少し違うかもしれませんが修学旅行や校外学習などいろいろなタイプの行事があります。

このページでは学校での日帰り程度の旅行を「遠足」としてご紹介していきたいと思います。
ですので、移動教室や社会科見学といった行事も遠足として今回は取り扱います。

遠足の意味

遠足には意味があります。

幼稚園や小学校の行事は大抵学習に結びつけるものです。単なる遊びというわけにはいきません。

園児や児童など子どもたちは遊びの意識が大半だとは思いますが、遠足には目的がしっかりと設定されているんです。

遠足の目的、意味は行先によっても変わってきます。工場見学や動物園、アスレチック施設のある公園、神社やお寺、、、、遠足の行き先となるところは色々ありますが、基本的にはその場での体験やそれに付随する知識の習得というものが遠足の目的となります。

また、根本的なところでは集団行動と公共性を身につけるという意味もあるでしょう。時間通りに集団で行動したり、公共の交通機関をみんなで利用したり、長い道のりを歩いて移動したり、、、こういったところでの成長を目的としています。

しおりの意味

では遠足のしおりにはどのような意味があるのでしょうか。

「遠足も学習の一つです。」といくら説明したところで園児や児童は楽しさを追求するものです。ですので遠足のしおりでは学習の面を定着させるための補助的な役割があります。

持ち物のリストや日程表、遠足での注意事項に遠足の目標など、基本的なポイントをしおりにすることで徹底するのです。

「楽しい遠足」の中に学ぶべきことがあることを知らず知らずのうちに分かってもらえるような内容が遠足のしおりには必要です。

また、保護者の方にどのような遠足かをお知らせする意味もあるのでその点もしおりを作るときは注意も必要です。

この辺の「誰のためのしおりか」というのは幼稚園、小学校、学年でも変わってくるかと思います。

遠足のしおりの項目と内容

遠足のしおりではキッチリと内容をまとめておきたいところです。

しおりに書いておくべき項目と内容を紹介します。

遠足の目的

遠足の目的や目標をあげます。
先生側で考えた目標やクラスの目標、もしくは個人目標を空欄としそれぞれに書かせるという方法もあります。

目標を記載したところで子どもたちがそれを意識してくれなければ効果はありません。遠足の前には事前に意識づけをしておくことが重要です。そのため、子どもたちに目標を考えさせる、考える時間をとることは大切です。

こちらの記事を参考に

旅行のテーマの決め方 - 参考になる例と旅のしおりへの書き方
※一般的なテーマ決めについての参考です。遠足の目的・目標とは違いますが参考に。

遠足の日程

集合時間に始まり解散までの予定を記載します。

予定にはいつからいつまでどんなことをするのか、始まりの時間と終わりの時間を両方記載すると時間に対する意識がより上がります。ある程度きっちりとした予定を組むことで、集団生活における時間の大切さを学ぶという意味もあります。

また、解散の時間をはっきりさせることで通常の下校時間との違いを保護者の方にお知らせする意味も果たします。

遠足先での自由行動がある場合でも、集合時間をキチンと守らせることが重要です。時間管理の係、もしくはそれぞれが時間を意識した行動を取れるように遠足のしおりでうながしましょう。

こちらの記事を参考に

旅行の予定を決めて日程表を作ろう - スケジュール表の注意するポイント
※一般的な日程表の作り方の参考です。遠足での日程表とは違いますが参考に。

メンバー表

ここで言うメンバー表は遠足での班、移動の際のバスの座席表など、遠足での係一覧などです。

また、引率の先生方の担当など子どもたちに知らせておきたいことも表にしておきましょう。

班や係など、その遠足での役割をつくって遠足のしおりに記載しておけば自覚にも繋がりますし一体感も出ます。保護者の方にも子供の頑張りが伝わるでしょう。

こちらの記事を参考に

参加メンバー表の意味とちょっとした工夫 - 旅行の一体感を出し旅行の記録にも
※一般的な参加メンバー表の参考です。遠足でのメンバー表とは違いますが参考に。


ensoku-2

遠足の持ち物リスト

大人の旅行に使うしおりと違い、遠足のしおりでは持ち物リストを細かく作ることが重要です。「当たり前でしょ」と思うことでもあえて記載しておくことが大切となります。

例としてはリュックサック、弁当、水筒、レジャーシート、ゴミ袋、お菓子、ポケットティッシュ、ハンカチ、雨具、しおりなどがあげられます。場合によっては水筒の中身に決まりがあったり(ジュースはダメとか茶とつくものとか、スポーツドリンクはOKとか)、お菓子の金額制限をつけたりします。

大人にとってはここまで細かくする必要がないように思うかもしれませんが、遠足のしおりではこうした気づかいが必要だったりします。

また、持ち物ではありませんが服装についての記載も忘れてはいけません。帽子や履きやすい靴、汚れていい服装などその遠足にあった服装を指定した方がいい場合もあります。

こうしたリストではチェックしやすいようにチェックボックスを用意しておくと便利です。

こちらの記事を参考に

持ち物リストだけじゃない - 旅のしおりに使えるリストの紹介
※一般的なリスト表の参考です。遠足での持ち物リストとは違いますが参考に。

遠足の注意事項

遠足の注意事項も子供の年齢にもよりますが細かく記載しておくことが大切です。

普段の学校生活とは違い、公共の場での行動となります。常識でしょ?と思われるようなことでも記載しておくことが大切です。

また、注意事項と書かずに約束事とすると上からの命令というイメージが無くなり受け入れやすい印象を与えます。

こちらの記事を参考に

注意事項で旅行を楽しくしよう - 事前に注意する点を旅のしおりに
※一般的な注意事項の参考です。遠足での注意事項とは違いますが参考に。

イラストや地図

遠足のしおりが文字だらけだと味気ないものです。ポイントで挿絵や、必要に応じて案内図などをいれると彩りも出ますし便利にもなります。

ここで注意したいのは権利関係の問題があるものは避けるということです。場合によってはしおりへの記載に許可を取らないといけません。

イラストはネットで無料で自由に利用できるものがいくつも公開されているのでそういったものを使うことをおすすめします。

こちらの記事を参考に

無料フリーイラスト素材サイト7選 - 旅のしおりに使えるイラスト
※こちらで紹介しているサイトを参考にしてみてください。ご利用の際は各サイトの規約を確認しましょう。

遠足のしおりはエンタメより学習優先

基本的な項目は大人用のものと同じですが、遠足のしおりで注意したいのはその細部に至る心遣いです。

普段の学校とは違う環境なので、子どもたちが分かりやすく理解しやすいことが大切です。また、保護者の方にもどのような遠足になるかが分かることで安心してもらえます。

「これは書かないでも分かるよね」ということまで書くこと。余分なようで、でもそれがいいんではないでしょうか。果物がおやつに入るのかとか、300円以内であろうが320円かかっていようが、大人としてはどうでもいいことですが、それもまた遠足の想い出にきっとなるはずです。

まとめ

  • 遠足のしおりは学習の補助
  • 最低限書くべき項目
    目的、日程、メンバー表、持ち物リスト、注意事項
  • しおりは保護者のためでもある

遠足は楽しいものです。遠足のしおりはその楽しい遠足をより良いものとするための補助的役割があります。学習優先とはいえ思い出に残るしおりにしたいものです。

関連記事と広告

-旅のしおり雑記

Copyright© 旅のしおりweb , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.