手書きorパソコン

旅のしおりは手書きですか?それともパソコンで作りますか?

旅のしおりといっても紙に印刷するものだけではありません。

いまはパソコンで作った旅のしおりのデータをスマホ等の端末で見ることもできますし、スマホのアプリで旅のしおりを作ることもできます

また、紙の旅のしおりの場合でも、手書きで作ったりパソコンで作って印刷して使ったりと作り方はいろいろです。

それぞれの旅のしおりに特徴があるので、手作りやパソコンで作ったものに優劣を付けることはできません。どうやって旅のしおりを作るかは、なぜ旅のしおりをつくるか目的によって変わってきます。

ここでは旅のしおりを紙で作るのかアプリなどスマホの中に作るのか、もしくは紙の旅のしおりで作るとして、手書きで書くのかパソコンで作るのか、それぞれのメリットを紹介します

あなたに合った作り方は何なのか、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

広告:

紙?それともデータ?それぞれのメリット

では、それぞれのメリットを紹介します。

あなたの旅行にはどんな旅のしおりが必要か考えながら決めてみましょう。

紙に印刷、もしくは手書きで旅のしおりを作るというものです。

小学校などで親しんだ形なので、旅のしおりといえばこのような形を想像する人も多いことでしょう。

【メリット】

  • 手作り感が出て受け取った側の気持ちの盛り上がりをつくる
  • 紙にメモやチェックなど書き込むことができる
  • 思い出として保存がしやすい

デメリットは「持ち運びが不便」だったり、「作る側の負担が大きい」というところです。

アプリなどの電子データ

スマホのアプリや、旅のしおりの原稿を電子データとして携帯端末等での閲覧する方法です。

いまは大抵の人がスマートフォンを持っているので、データで手軽に旅のしおりを見ることもできます。

【メリット】

  • 持ち運びが便利
  • 作る側の負担(印刷や配布など)が減る

デメリットとしては「参加者全員がスマホなどの端末を持っているとは限らない」、「もらったときのワクワク感が紙よりも少ない」ということです。

紙かデータの選択方法

例えば同じ原稿の旅のしおりを紙に印刷するのと、データとして(PDF形式にして)スマホなどの端末で見ることを考えてみてください。

紙に印刷されたものにはあたたかみが出ますし、旅行に参加するメンバーに大きなインパクトを与えやすいです。

逆に電子データはあたたかみという点では弱いですが、荷物にならないですし取り出しやすく便利で実用的です。旅行中のスケジュールの確認も簡単ですし、旅のしおりに載っていないことでもついでにスマホで調べることが可能です。

つまり、旅のしおりにワクワク感や旅行を盛り上げる要素を期待している人は紙媒体にし、実用性を重視している人は電子データにするのがおすすめだといえます。

旅のしおりをどのような意図で作るかで考えてどちらか選択をしましょう。

紙に作るときは手書きとPCを上手く組み合わせよう

紙の旅のしおりの場合、手書きもしくはPCで作成して印刷するという方法があります。

それぞれのメリットを紹介します。

手書きのメリット

手書きで書いて人数分をコビーします。

紙と鉛筆さえあれば作ることのできる方法です。

【メリット】

  • あたたかさや味わいが出る
  • 作成者の色が出しやすい
  • パソコンが使えなくても作れる
  • レイアウトなどが自由にできる
  • 受け取る人のインパクトが大きい

手書きにするには、絵が得意な人や字が汚くない(キレイとまでは言わなくとも)人が有利になります。

手間はかかりますが自由に作れますし、作成者のセンスや色が出やすいのでインパクトは大きいです。

デメリットは「手間がかかる」ということ。

パソコンのメリット

対してパソコンを利用して作る場合のメリットは以下のとおりです。

【メリット】

  • 字のきれいさや絵の上手さは関係しない
  • 間違えても修正がしやすい
  • ネットの情報を簡単に組み込み可能(コピペできる)
  • ウェブサービスを利用して簡単に作れる

パソコンを利用すると、きっちりとした構成の旅のしおりを作りやすく、ネットで集めたイラストや写真、地図、フォントなどを手軽に利用することでガイドブックのようなものを作ることも可能です。

間違えても何度でも微調整をしながら原稿を作れるので、作成者としては手書きよりも負担が少ないです。

ただし、ある程度パソコンの知識がないと自分の思ったように作ることができません。

そんな場合は、インターネット上にウェブサービスやテンプレートなどを使うのがおすすめです。パソコンにあまり詳しくない人でも手軽に旅のしおりを作成することができます。

手書きとパソコンをうまく活用

手書きとパソコンを組み合わせることもできます。

簡単な大枠をパソコンで作成し、そのうえに手書きで書き足していく。

この方法だとお互いのいいところをいかし、悪いところを補うことができるのでおすすめです。

何かひとつにこだわることなく、自由に作れるのが手作りの旅のしおりのいいところ。

自分に合った方法を選びましょう。

旅のしおりをどう使うのかで決まる

ここでは旅のしおりをどのように作るのか。紙にするのかスマホで見れるようデータで作るのか、紙で作るのであれば手書きにするかパソコンで作るのかといったことについて、メリットをあげて紹介しました。

なぜ旅のしおりをつくるかによって方針は決まります

旅行のメンバーを驚かそうと思っているなら紙に手書きの旅のしおり、一人旅で実用性を求めるならスマホアプリの旅のしおり。このように用途によって選ぶものは変わってきます。

まずはあなたがどんな目的で旅のしおりをつくるのかを考え、その目的のためにはどうやって作るといいのかを決めましょう。

まとめ

  • 紙の旅のしおりはエンタメ性が高い
  • スマホで見るデータの旅のしおりは実用性が高い
  • 手書きもパソコンでの作成もそれぞれメリットあります。組み合わせる方法もおすすめ。

何のために旅のしおりを作るのかを考えれば作り方も見えてきます。
それぞれのメリットを考えて選びましょう。

\デザインについては下のリンクから!/

広告:

広告:

更新日:

Copyright© 旅のしおりweb , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.