旅行の準備

旅の夜はみんなでゲーム!おすすめのカードゲーム11選

更新日:

旅行の夜、ホテルや旅館でやることと言えば…

トランプでしょ!

こんな人も多いのではないでしょうか。

旅の夜にみんなでワイワイとできるのは本当に楽しい時間です。

その時間のお供となるゲームはトランプ以外にももちろんあります。

ここでは旅行の夜にホテルや旅館でみんなで遊べるおすすめのカードゲームを紹介します。

スポンサーリンク

広告:

おすすめのカードゲームまとめ

旅行にカードゲームがおすすめなのには次の理由があります。

  • 持ち運びしやすい大きさ
  • ルールが簡単ではじめてでも楽しめる
  • ワイワイおしゃべりしながら遊べる

単純なルールで手軽に楽しめるカードゲームは年齢や人数を問わず楽しめるところもポイントです。

それではおすすめのカードゲームを紹介します。

トランプ

任天堂 トランプ ナップ 622 (赤)

ポイント!

  • 遊べる人数:ゲームによる
  • 誰もが知っているゲームがいくつもある
  • 子どもから大人まで楽しめる

定番のトランプ。シンプル・イズ・ベストです。

誰もがルールを知っている遊び方がいくつもあり、対応年齢、遊べる人数の幅も多いカードゲームです。

トランプ1つあればババ抜きや七並べ、大富豪など、いろいろなゲームを楽しめます。中毒性の高いゲームもあるので一つに熱中するもよし、飽きたら違うゲームに変更してもよしなのが大きなメリット。

定番だからこそ、ルールが分からない人がいても教えあったり、ネットで調べてもすぐ見つけることができます。

UNO(ウノ)

ウノ UNO カードゲーム(B7696)

ポイント!

  • 遊べる人数:2〜10人
  • メジャーなゲームでルールを知っている人も多い
  • 単純だからこそ楽しめる

UNOも定番のゲームです。

多くの人が一度はやったことがあるのではないでしょうか。単純だからこそ飽きることがありません。

ドロ2を仕掛けた時の爽快感や、受けたときの悔しさを満喫しましょう。

ローカルルールがあったりするので、説明書を確認してルールを確認しておいてもいいかもしれません。
本当は知らないUNOのルール 日本ウノ協会

ナンジャモンジャ

ナンジャモンジャ・ミドリ

ポイント!

  • 遊べる人数:2〜6人(ペアセットは2〜12人)
  • キャラクターに名前をつけて覚えるゲーム
  • 名前を付けるセンスや記憶力が問われます

中央においた山札から順番に1枚ずつめくっていきます。はじめて見るキャラクターが出たらめくった人が名前をつけ、覚えておきます。すでに名前がつけられたキャラクターが出てきたらその名前をコール!一番早くコールできた人がカードをもらえ、最終的にカードをたくさん取れた人が勝ちというルール。

ゲームを勝つには記憶力が必要です。ですが、このゲームの面白いところは自分たちで名前をつけていくというところ。

名前をつけるセンスによっては盛り上がること間違いなしです。

テレビでも紹介されていて、ドラマに登場したり、乃木坂46が遊んだりと注目のカードゲームです。

「ナンジャモンジャ・シロ」と「ナンジャモンジャ・ミドリ」があり、入っているキャラクターに違いがあります。セットで販売されている「ナンジャモンジャ・ペアセット」を購入すればキャラクターの数も増え、遊べる人数も倍に増えるので大人数の場合はペアセットがおすすめです。

キャット&チョコレート

キャット&チョコレート 日常編 (Cat&chocolate) カードゲーム

ポイント!

  • 遊べる人数:2〜6人
  • ストーリーを考えて発表する楽しさ
  • コミュニケーションを取りながら楽しめる

このゲームは迫りくるピンチを限られたアイテムを使って回避するゲームです。

簡単に説明すると、お題のカードに書かれている「日常に起こりうるピンチ」を、手札の限られたアイテムでどう乗り切るか即興でプレゼンするゲームです。

例えば「さぼっているところを見つかりそう」というピンチがお題カードで示され、手元に配られているカードが「めがね」「チョコレート」だとします。この手札のカードを使いお題のピンチを乗り切るためにどうすればいいか、即興で考え発表します。

一例として「メガネを掛け、チョコレートを顔に塗りたくり外国人に変装することで回避した」みたいに。

このプレゼンで他のプレイヤーを納得させればOKというアバウトなルール設定になっています。みんなで話し合ってコミュニケーションを取りながらでき盛り上がります。

公式サイトを見ると例題に挑戦できるので購入する前に試してみるといいかもしれません。例題に挑戦しても面白さが分からないかもしれませんが、大人数でやると楽しいですよ。
キャット&チョコレート公式サイト

ここで紹介しているのは日常編ですが、他にも学園編や幽霊屋敷編、ビジネス編などもあります。それぞれピンチのシチュエーションが違ったり、アイテムが違ってくるので好きなのを選んでみてください。

もじぴったん

ことばのカードゲーム もじぴったん

ポイント!

  • 遊べる人数:2〜5人
  • DSやWiiでも発売されたゲームのカード版
  • 小さい子でもしりとりができるのであれば楽しめるはず

任天堂のDSやWiiで発売されたゲームをカードゲームにしています。ゲーム機では2人までしか遊べませんが、カードゲームなら、多人数で遊ぶことができます。

簡単に説明すると、ボード上にあるカードと手持ちのカードを組み合わせて、言葉になるようにボードの上に並べていくゲームです。自分のボキャブラリーを絞り出して文字を並べていきます。

多少単調なところがあり、どちらかといえば小さい子向けといった印象です。

短所を長所に変えたいやき

短所を長所に変えたいやき 紙製 日本製

ポイント!

  • 遊べる人数:1人〜
  • ゲームというよりはコミュニケーションツールとして

なぜにたい焼きなのかは分からないですが、“短所”を“長所”に変える性格逆転ゲームです。遊びながら自分や相手の新しい一面が発見できます。

短所と長所は表裏一体です。心配性と用心深い、視野が狭いと一途。いいところも悪いところも考え方次第です。そんなことを使ったこのゲーム。自分のことがよく分かるかも。

対戦ゲームというよりはコミュニケーションツールとして楽しめます。

ゲームは3種類あります。ルールは公式サイトを確認してみてください。
短所を長所に変えたいやき|株式会社アイアップ

犯人は踊る

犯人は踊る(2015年第三版)

ポイント!

  • 遊べる人数:3~8人
  • 犯人を見つけるババ抜き風のゲーム
  • ルールも簡単ではじめてでも楽しめます

犯人を探す探偵気分のこのゲーム。

犯人は踊るは犯人カードの持ち主をを当てるゲームです。様々なカードを使い、犯人だとバレないように、そして犯人が誰か突き止めるゲームです。

ルールも簡単なので、はじめてでもすぐに楽しむことができるはずです。

ラブレター

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

ポイント!

  • 遊べる人数:2〜4人
  • 世界的にも有名なカードゲーム
  • ルールが簡単かつプレイ時間も短い

日本ボードゲーム大賞の2012年投票部門で大賞を受賞したゲームです。内容はプレイヤーは姫に恋する若者となり、彼女の元まで恋文を届けるゲームです。

持ち札1枚、ひとりずつ山札からカードを1枚引きます。カードを引いたら持ち札かいま引いたカードのどちらかを場に出します。捨てたカードの効果が発動しゲームが展開していきます。最後の一人になれば勝ち。

やってみないとイメージつきづらいかもしれませんが、ルールはとても簡単ですし、短時間で1ゲームが終わるので手軽に楽しめます。

ハゲタカのえじき

ハゲタカのえじき (Hol's der Geier) 日本語版 カードゲーム

ポイント!

  • 遊べる人数:2〜6人
  • 戦略や駆け引きがおもしろい
  • ルールが簡単かつプレイ時間も短い

1から15のカードを使って得点カードを取り合うゲームです。

獲物カードをめぐり、配られた手札のカードを同時に出し数が多い人が獲物カードを貰えるという単純ルール。獲物カードには得点が決められており、その得点の獲物を獲得するのに手札の何点のカードを出すかという駆け引きが行われます。

駆け引きが楽しいゲームです。

ニムト

Amigo ニムト

ポイント!

  • 遊べる人数:2〜10人
  • できれば4,5人以上がおすすめ
  • ルールが簡単かつプレイ時間も短い

1〜104までの数字と牛マークの書かれたカードを使うゲームです。

ルールが分かりやすくプレー人数も幅広いカードゲームです。

ワンナイト人狼

ワンナイト人狼

ポイント!

  • 遊べる人数:3〜7人
  • 人狼ゲームをカードゲーム化
  • 分かりやすく短時間で楽しめます

プレイヤーが村人と村人に化けた人狼になり、自分の正体がバレないように相手の正体を探るゲームです。

ゲームは半日単位で進み、昼には投票により人狼容疑者の処刑、夜には人狼による村人の襲撃が行われます。すべての人狼を処刑するか、村人を減らしていくかのゲームです。

人気のゲームなので知っている人も多いかと思います。

その人気の人狼ゲームをカードゲームにしたのがこの商品です。

通常の人狼ゲームでもいいかもしれませんが、カードゲームだと分かりやすく短時間で楽しめるように改良されています。本家人狼好きな方でも納得の楽しさです。


スポンサーリンク

広告:

もしAmazonで購入するなら

今回こちらで紹介しているカードゲームをおもちゃ屋さんで探そうと思うと大変です。

メジャーなものが多いので置いてあるとは思いますが、もしおもちゃ屋さんになかったら手間だけかかってしまいます。

そこでおすすめなのがAmazonなどのネットショップです。例えばAmazonだと在庫があるかどうかも分かりますし、在庫があれば2,3日もあれば届けてくれるでしょう。もちろん他のネットショップでもOKです。

ただ、もしAmazonで購入するのなら配送料が気になるところです。

2,000円以上は配送料が無料になりますが、満たない場合は配送料として350円かかります。(※現時点の情報のため公式を確認してください)

カードゲームを一つ買ったとしても2,000円もしません。どうせなら必要な何かを追加して2,000円になるようにする方がお得です。日用雑貨など必要なものを足して購入するのがおすすめ。

また、Amazonプライム(年会費税込み3,900円)というサービスに加入すると配送料は金額にかかわらず通常配送料が無料になります。

配送料が無料になるだけでなくその他にも、プライム・ビデオという映画やアニメが見放題のサービスや音楽が聴き放題のサービス、プライム会員限定先行タイムセールなどいろいろな特典があります。
月ごとの支払いだと400円(税込み)ですし、Amazonを年に数回使う人であれば加入してもいいかもしれません。

30日間の無料体験があるのでお試ししてみてください。たくさんの映画やドラマ、アニメなども見れるのでお得です。
Amazonプライム

まとめ

紹介したカードゲームはすべてみんなでワイワイと楽しめるカードゲームです。

最近はみんなでいるときでも、スマホのゲームなどを1人でやる人もいます。

ですが、せっかくの旅行なのでみんなで楽しむ時間を作る方が良くないですか?

カードゲームは単純なルールなものも多いですし、気軽に楽しめるのでおすすめです。

また、総合優勝や、総合最下位などに商品や罰ゲームを用意してもおもしろいかもしれません。

もちろん、旅行が憂鬱になるような罰ゲームはやめて、みんなが楽しめるようなものがいいですよ。

ぜひ、ここで紹介したカードゲームを試してみてください。

まとめ

  • カードゲームはルールが簡単でみんなで楽しめます
  • 旅行の夜におすすめなカードゲームを紹介
    トランプ / UNO / ナンジャモンジャ / キャット&チョコレート など
  • 購入はおもちゃ屋よりもAmazonなどのネットショップがおすすめ

せっかくの旅行です。昼だけでなく夜もみんなで盛り上がりたいもの。
そんなときにカードゲームは手軽に楽しめることができるのでおすすめです。

広告:

広告:

おすすめ記事

1

旅行の夜、ホテルや旅館でやることと言えば… トランプでしょ! こんな人も多いのではないでしょうか。 旅の夜にみんなでワイワイとできるのは本当に楽しい時間です。 その時間のお供となるゲームはトランプ以外 ...

2

旅行の思い出を”ストーリー”としてフォトブックに残す。 旅行で撮り貯めた写真の数々。 普段は見ることはないけど、たまに見返したり友達にみせたり。 便利なようで何か無駄が多いと感じていませんか? 旅行で ...

3

旅行先でレンタカーを利用する。 そんな人も多いかと思います。 私は以前、仙台に行ったとき「平日だしレンタカー屋さんなんてたくさんあるし、余裕で借りれるよ」と、当日直接店舗に行きました。 店員「本日はも ...

-旅行の準備

Copyright© 旅のしおりweb , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.