題名(タイトル)

旅行にタイトルをつける。
そして、旅のしおりにそのタイトルをつける。

なくても良さそうなこの「題名(タイトル)」。

ですがこれがかなり重要だったりします。

ここでは題名(タイトル)をつけるメリットと、考え方や決め方のポイントを5つご紹介します。きっとタイトルを決める参考になるはずです。

旅のしおりを受け取った相手がはじめに目がいくのがこのタイトルです。しっかりと決めて、旅行のワクワク感をさらに増幅させましょう。

スポンサーリンク

広告:

タイトルをつけるメリット

タイトルをつけることの利点は次の3つ。

  • 旅行に対するワクワク感を演出できる
  • どんな旅行になるかが参加者にパッと伝わる
  • 旅のしおりが引き締まる

この3つの効果が重要です。

旅のしおりは実用性とエンタメ性の2つの意味がありますが、タイトルをつけることでワクワク感の演出(エンタメ性)と旅行の内容を伝える(実用性)という両方の効果が期待できます。

また、タイトルをつけることで、旅のしおりを旅行の参加者が受け取ったときのインパクトが大きく変わります。

「旅のしおりだー!(笑)」「小学生みたいで懐かしいね!」「何?このタイトル!いいね!」

こんな感じで盛り上がれば1つ効果を発揮したといえるでしょう。

タイトルを考える方法

では、実際に旅にタイトルをつけてみましょう。

しかし、実際につけるとなるとなかなか思いつかないものです。

ありきたりなタイトルしか思いつかず、なかなか納得のいくタイトルが思いつかなかったりしませんか?

ここでは旅のタイトルをつける方法をご紹介します。またその方法ごとに例を載せておきますので参考にしてみてください。

行き先とやることから考える

旅行の「行き先」や行った先でする「メインとなる予定」からタイトルを考えます。

「行き先」とは地域(ex.北海道、函館など)だけでなく施設(ex.お寺、お店など)でも構いません。その旅行のメインの行き先がいいです。

「メインとなる予定」とは遊び(ex.ゴルフ、スキューバなど)や、見学(ex.博物館めぐり、寺院巡りなど)など、その旅行を代表するようなものがいいです。

この2つを組み合わせ、さらにその場所を表す表現や季節を加えることでタイトルを作っていきます。

特にひねった考え方ではないので考えやすいかと思います。

例えば…

  • ひとあし早い春、、、南房総の花めぐり
  • 冬の北陸路 旬の味覚と雪見の秘湯
  • 中伊豆・穴場の名所めぐり
  • 紅葉鮮やか!秋の日光

旅行の参加者から考える

旅行の参加者がどういう集まりなのか、どういう関係性なのかというところから考えていきます。

参加者が誰かによって旅行の性質も変わるものです。家族旅行なのか、社員旅行なのか、修学旅行なのか。

それを全面的に出してタイトルを決めます。

より親密な一体感のあるタイトルになりますし、ちょっとしたおふざけ感も入れやすくなる決め方です。

例えば…

  • 帰郷〜山田家の先祖をめぐる〜
  • ●☓△学校3年B組卒業旅行
  • 年に一度の絆確認旅行〜オレたちの絆は切れないぜ!〜
  • サッチャンと行く!夏の北海道ツアー
  • 太郎と花子のラブラブランデブー
  • 付き合って3周年記念!これからもずっと一緒だよツアー

旅のテーマから考える

旅行のテーマをそのままタイトルにします。

テーマとはその旅行の主題となるような目標・目的のことです。

タイトルを旅行のテーマから考えることで、旅行のメンバーにそれが伝わり目的意識がハッキリします。

こちらの記事を参考に


例えば…

  • 地元の名産を食べつくせ!!!
  • みんな仲良く親交を深めよう
  • ケンカ禁止!みんなで旅を盛り上げよう
  • ○○○聖地巡礼ツアー

何かをアレンジしてパロディ化してみる

ちょっと高度ですが、有名なコピーだったり歌詞、ドラマやアニメなどをうまくアレンジしてパロディ化します。

有名なコピーで「そうだ京都、行こう。」はパロディ化しやすいです。地名を旅行先に変えるだけでそれっぽいタイトルになります。

それ以外でも、ある地域をテーマにした歌詞だったり、その地域をテーマにした物語などを元にパロディ化するのが分かりやすく簡単です。

注意点は旅行の参加者が元ネタを知っているかどうか。元ネタを知らないとおもしろさが半減してしまうからです。

例えば…

  • そうだ沖縄、行こう
    (そうだ京都、行こう|JR東海キャッチコピー)
  • Youは何しに札幌へ?
    (Youは何しに日本へ?|tv番組名)
  • 好きな水戸が、できました。
    (好きなひとが、できました。|アニメ「耳をすませば」のキャッチコピー)

すでにある旅行のタイトルを参考にして考える

他の旅行で使われているタイトルを参考にします。

おすすめは旅行会社のツアータイトル旅番組のタイトル他の人の旅のしおりを参考にすることです。

すでにつけられているタイトルは大抵が素敵なものなのでとても参考になります。

ちなみに、上で紹介した「行き先とやることから考える」で例としてあげたタイトルは全て「いい旅・夢気分」の番組タイトルです。

こちらのサイトを参考に

  • るるぶトラベル公式サイト
    るるぶトラベル|公式
    このサイト以外にも旅行会社のツアー名全般が参考になります。
  • いい旅・夢気分(tv番組)
    いい旅・夢気分|公式
    また、非公式ですがこちらのツイッターアカウント(@iitabi_title)でタイトルのみをつぶやいているので、より分かりやすいです。
  • 当サイトtwitterアカウント
    当サイトのtwitterアカウント(@tabinoshioriweb)ではツイッター上に公開している旅のしおりを画像でまとめて見ることができます。

組み合わせ次第で広がるタイトル

旅のタイトルをつけるメリットとその方法・考え方について紹介しました。

紹介した方法は5つです。

それぞれの方法単独で考えるのもいいですが、5つの方法からいくつかを組み合わせて考えるのもおすすめです。

ポイントはみんなが旅行に対してワクワクするように、楽しめるような内容のタイトル・題名をつけることです。
そのことに注意して考えてみましょう。

旅のしおりのタイトルは物語のタイトルと同じです。

タイトル次第で旅行のワクワク感が大きく増幅される重要なポイントです。

このページを参考にじっくりと考えてみてください。

まとめ

  • 行き先とやることから考える
  • 旅行の参加者から考える
  • 旅のテーマから考える
  • 何かをもじってパロディ化してみる
  • 他の旅行を参考にして考える

題名(タイトル)にはワクワク感の演出と旅行の内容を伝えるメリットがあります。
考え方・ポイントは上の5つ。組み合わせて考えるのがおすすめです。

\他の項目は下のリンクから!/

広告:

広告:

更新日:

Copyright© 旅のしおりweb , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.