参加メンバー

旅のしおりに参加メンバー表を書く意味はなんでしょう?

少人数の旅行の場合、誰が参加するのかは分かりきったことです。
逆に多人数の場合は旅のしおりにメンバー表を載せるとスペースを取り過ぎるので、旅のしおりとは別に代表者が管理するメンバー表を用意した方が意味がありそうです。

とは言うものの、旅のしおりに旅行の参加メンバーを記載することにはいくつかのメリットがあるので紹介しています。
メリットを確認すればきっと必要だと感じれるはずです。

スポンサーリンク

広告:

旅行参加者を記入するメリット

では、どのようなメリットがあるのかを紹介していきましょう。

メンバーの確認

基本の用途です。
参加者の把握という意味では、参加メンバーの記載は便利です。
特に誰が参加しているのかが分かりにくい(例えば多人数の旅行で参加・不参加が知れ渡りづらいなど)場合などに有効です。

メンバーが分かりきっている場合でも書くことで再確認できます。

旅行の一体感

参加メンバーが分かりきっている場合でも、旅行参加者が旅のしおりに書かれることで一体感が生まれるという効果があります。

もちろん大人数でも少人数でも一体感は生まれます。

旅行の記録として

旅のしおりは思い出の品として残すこともできます。
その場合、旅のしおりに参加メンバーが記載してあることで、「この旅行にはこのメンバーで行ったなぁ」という記録にもなります。

この「記録」の要素がメンバー表の利点の大きなポイントではないでしょうか。

旅行を盛り上げるための工夫

メリットのところで書いたように、参加メンバーを記載することで一体感を出し旅行を盛り上げることができます。
普通に書いてもいいのですが、ちょっとした工夫をして更に盛り上げましょう。

但し、この案はある程度の関係性ができているメンバーで行く、プライベートな旅行の場合に有効なものです。
旅行の参加者の関係性によっては、不適切だったり白ける可能性もあるので注意しましょう。

メンバーの記載方法を工夫する

普通に氏名を記載するのではなく、ニックネーム等の身近に感じるような記載方法にしましょう。
堅苦しくなくなり旅のしおりも柔らかい印象になります。

普段読んでいるニックネームはもちろん、この旅行限定の呼び方をしてみても面白いかもしれません。

メンバーに役割をつける

参加者の名前だけでなくこの旅行での役割も併記します。

これは事前に役割を決めるもよし、旅のしおりの製作者が勝手につけるもよし、本気の役割でも、ネタ的役割でもいいでしょう。
目的は一体感です。

役割の例は「リーダー」「班長」「会計係」などの実用的なものから、「盛り上げ役」「お笑い担当」など旅行を楽しくする役割などいろいろと考えてみるといいでしょう。

メンバーリストは一体感と記録用

このページでは旅行参加者の一覧を書くメリットや書き方やについてご紹介しました。

旅行参加者の記入のメリットでは3つのメリット。

  • メンバーの確認
  • 旅行の一体感
  • 旅行の記録

旅行を盛り上げるための工夫として2つのポイント。

  • メンバーの記載方法を工夫する
  • メンバーに役割をつける

実用的なものから、旅行を盛り上げるためのちょっとした工夫まで紹介しました。
このページを参考に是非試してください。

スポンサーリンク

広告:

おすすめ記事

1

旅行の夜、ホテルや旅館でやることと言えば、、、 トランプでしょ! こんな人も多いのではないでしょうか。 旅の夜にみんなでワイワイとできるのは本当に楽しい時間です。 その時間のお供となるゲームはトランプ ...

2

旅行の思い出を”ストーリー”としてフォトブックに残す。 旅行で撮り貯めた写真の数々。 普段は見ることはないけど、たまに見返したり友達にみせたり。 便利なようで何か無駄が多いと感じていませんか? 旅行で ...

3

旅行先でレンタカーを利用する。 そんな人も多いかと思います。 私は以前、仙台に行ったとき「平日だしレンタカー屋さんなんてたくさんあるし、余裕で借りれるよ」と、当日直接店舗に行きました。 店員「本日はも ...

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅のしおりweb (Tabinoshiori-web) , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.