旅のしおりに書く内容・項目

旅のしおりを作るにあたってまず考えたいのは書く内容です。
しかし、何を書けばいいのか分からない。そんな時に思い浮かぶのは学生時代に学校で配布された旅のしおりではないでしょうか。

ですが、あのときの旅のしおりと同じようなものを作る必要はありません。
大人になった今、旅のしおりを作るのであれば自由に書く内容や項目を選ぶことができます。書くことに決め事があるというわけではありません。テンプレ通りに必要のない項目を載せるのではなく、自分たちの旅行に必要なことを簡潔に載せることが大切です。

当サイトのおすすめの項目を確認して、まずはどんな項目が必要なのか考えてみることをおすすめします。

おすすめの旅のしおりの項目

旅のしおりに書く内容・項目を決める

このページでは旅のしおりに書くことを考えるお手伝いをします。

おすすめの項目を確認する

まずは上で紹介した、当サイトがおすすめする旅のしおりの項目を確認してみてください。
一般的な旅のしおりの項目について説明しています。

それぞれの項目について詳しい説明を用意しているので、必要であればリンクから確認してみてください。

旅のしおりに必要な内容・項目を考える

おすすめの旅のしおりの項目を紹介していますが、全てを記載する必要はありません。
自分で作る旅のしおりではその旅行に必要な項目のみを載せ、必要ではない項目を省きましょう。
例えば、「持ち物は各自自由でいいからスケジュールだけ伝えたい」となればスケジュールのみでもいいですし、「特別な持ち物を持ってきて欲しい」となれば持ち物リストを記載すればいいのです。

無理に全部つめ込まず、その旅行に何が必要なのかを考えて選択しましょう。

とりあえずの決定

項目は後で追加することも可能です。まずは仮決めしてしおりの作成に進みましょう。
作っていくうちに他に必要な物が思い出されるかもしれません。

スポンサーリンク

広告:

旅のしおりwebで紹介する旅のしおりに書く内容・項目

上で紹介したおすすめの項目についてもう少し説明をします。
気になるものについてはリンクから詳細な記事に移動することができるので確認してみてください。

旅の題名(タイトル)

旅にタイトルをつけると旅行が盛り上がります。
「旅のしおり」というタイトルではない、「春の京都〜お寺巡りの旅〜」や、「紅葉鮮やか!秋の日光」など、いろいろなタイトルを考えてみましょう。
最初に目がいき、この旅行がどんなものか想像してワクワク感を与えるポイントです。難しいポイントではありますがいいタイトルを付けたいところ。
アイデアの出し方は下のリンクから進むと記事がありますのでご確認を。

旅のしおりに題名(タイトル)をつけよう - 旅行にワクワク感を

旅のテーマ

旅にテーマをつけると旅行の目的が明確になります。
食べつくしツアーだったり、アニメや漫画の聖地巡礼ツアーなど旅行の核となるテーマのことです。
スケジュールも組みやすくなりますし、目的がはっきりすることで旅行参加者の意思統一ができます。

旅行のテーマの決め方 - 参考になる例と旅のしおりへの書き方

参加メンバーの一覧

参加メンバーを一覧にするだけでもいいですが、他にも工夫することができます。
書き方次第で、親しみやすくなったり距離感が縮まったりもします。
また簡単な旅行での役割を作っても楽しむことができますよ。

参加メンバー表の意味とちょっとした工夫 - 旅行の一体感を出し旅行の記録にも

スケジュール

日程表があるとスケジュールを旅行参加者全体で共有でき、時間に気をつけることで行き当たりばったりにならず、限られた時間を有効に使うことができます。
特にここは必ず行く!というポイントやこの時間は決まっている!というポイントがあればそれを書いておくといいですよ。

旅行の予定を決めて日程表を作ろう - スケジュール表の注意するポイント

旅行先の情報

地図や観光情報など、旅先の情報を載せることで旅行が楽しみになってくるものです。
特に実用的な地図や交通情報などがあると安心です。

地図や周辺情報を調べよう - 旅のしおりに載せる際の注意点

リスト

リストを用意することで確認が容易になります。
忘れることは旅行をつまらなくする原因の一つなので、いろいろなリスト作って旅行での忘れ物をなくしましょう。
持ち物リストだけではない、旅のしおりにあると便利なリストが他にもあります。

持ち物リストだけじゃない - 旅のしおりに使えるリストの紹介

メモ欄・フリースペース

メモ欄・フリースペースはどうやって使えばいいかが分からなくて、空白のまま旅行が終わってしまう事が多い項目です。
いろいろな利用方法を考えて、旅行参加者に提案することで有効に利用しましょう。

メモやフリースペースを利用しよう - 旅のしおりで活用するポイント

連絡先

連絡先は旅行中の万が一に備えた、あると便利な項目です。
但し、個人の連絡先などの個人情報を載せることはしおり紛失時のリスクを考えると検討が必要です。

連絡先を確認しよう - 旅のしおりに連絡先を載せておくと安心な理由

注意事項

旅行中は何かと羽目を外しがちです。
トラブルが起きないように事前に注意喚起をすることでトラブルの可能性を低くしましょう。
また、注意事項という表現ではなく、約束ごとなどと表記することで印象も柔らかく一体感が生まれやすくなります。

注意事項で旅行を楽しくしよう - 事前に注意する点を旅のしおりに

書く内容を決めるにあたっての注意点

旅のしおりにはいろいろなものがあります。
情報が詰め込まれたものもあれば、必要最低限の伝達事項のみのものもあります。決まりはありません。

意識するのは旅行が楽しくなるためにはどうしたらいいかです。

「楽しくなるためにはいろいろ見たいからスケジュール管理をしっかりしなきゃ。」「楽しくなるために美味しいものを一杯食べたいからリストアップしよう」「忘れ物したら楽しくなくなっちゃう」
こういった考えから内容を決めていきましょう。

何が正解というのはないので、当サイトで紹介するアイデアを参考に自分たちの旅行に必要な情報を旅のしおりに書き込みましょう。

スポンサーリンク

広告:

おすすめ記事

1

旅行の夜、ホテルや旅館でやることと言えば、、、 トランプでしょ! こんな人も多いのではないでしょうか。 旅の夜にみんなでワイワイとできるのは本当に楽しい時間です。 その時間のお供となるゲームはトランプ ...

2

旅行の思い出を”ストーリー”としてフォトブックに残す。 旅行で撮り貯めた写真の数々。 普段は見ることはないけど、たまに見返したり友達にみせたり。 便利なようで何か無駄が多いと感じていませんか? 旅行で ...

3

旅行先でレンタカーを利用する。 そんな人も多いかと思います。 私は以前、仙台に行ったとき「平日だしレンタカー屋さんなんてたくさんあるし、余裕で借りれるよ」と、当日直接店舗に行きました。 店員「本日はも ...

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅のしおりweb (Tabinoshiori-web) , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.