日程表・スケジュール

旅行のスケジュールを管理する日程表は、旅のしおりのメインともいえる項目です。

スケジュール表・日程表は「旅行の計画をまとめる」、「旅行中の時間管理ができる」という機能だけでなく、「旅行の参加者へスケジュールを知らせる」意味もあます。これにより「ただついて来るだけ」の参加者を無くし一体感を持った旅行にすることができるでしょう。

ここでは旅のしおりに旅行のスケジュール表・日程表を載せるメリットや、作るときに注意したいポイントについて紹介します。

ただ予定を書き並べるのではなく旅行者にやさしいスケジュール表・日程表を作りましょう。

スポンサーリンク

広告:

旅のしおりに旅行スケジュール表を載せるメリット

旅行の日程表は旅行の計画をまとめ、旅行の時間管理ができるメリットがあります。

旅のしおりに載せることで「いつ」「どこに」行くのかが分かる、旅のしおりの中心となる項目です。

旅のしおりのメリットのひとつは、旅行のメンバー間で旅行の情報を共有できるということ。

スケジュールを共有することで、どこに行くのかだけでなく、時間に遅れることが次の予定にどれくらい影響を与えるか、次の場所までの移動時間はどれくらいかなども理解できます。

これによって時間に追われない旅行になりますし、予定を知らないでただついて来るだけという人がいなくなります。

きっと参加している1人1人がその旅行を楽しもうという気持ちになれるはずです。

また、予定を載せておくことで、旅のしおりが思い出の記録となります。あとで見返したときに、「この旅行はこんなところに行ったのかー」とか「スケジュール詰め込みすぎたんだよなー」なんて思い出にひたることができます。

ポイント!

  • 予定をまとめ旅行中の時間管理ができる
  • いつ、どこに行くのかを共有できる
  • ついてくるだけの人がいなくなる
  • 旅行の記録としてあとで見返すと楽しい

旅行の日程表をつくるときの注意点

旅行の日程表は予定したスケジュールをもとに、行き先を書き並べるだけでも作ることはできます。

ですが、ちょっとしたポイントを意識するだけで、もっと分かりやすく意味のあるスケジュール表にすることも可能です。

行き先をハッキリとさせる

気の向くままに行動をする旅行もありますが、基本的には旅行には目的地があります。

スケジュール表に行き先をあいまいにせずハッキリ書いておくことで、ただ付いて来るだけという参加者をなくすことができます。

また、優先順位の高いスポットや目玉となるスポットを強調させることで、この旅行の目玉スポットがどの場所かが分かり旅行前のワクワク感が増します。

時間に制約のあるものをハッキリさせる

行き先や交通機関の予定時刻をスケジュール表に記載します。

このとき特に時間が決まっていることについては強調して記載しておく必要があります。

時間が決まっているとは、例えば予約の時間や営業時間、交通機関の出発時間など、この時間までにその場所に行かなければダメなもののことです。

日程表に記載しておくことで、事前に旅行参加者にその情報が共有でき時間に追われることが少なくなります。

移動時間をハッキリさせる

目安となる移動時間や移動方法を記載します。

目的地への到着予定時間だけあればいいようにも思いますが、移動時間を記載することでどれくらい余裕を持った行動なのかを共有できます。それによって、移動までの行動(トイレとかお土産購入とか)を考えられ余裕を持った行動が可能です。

移動時間はスマホアプリやインターネットを利用すれば簡単に調べることができます。事前に調べておきましょう。

スケジュールは余裕を持たせる

ギチギチに予定を詰め込むとトラブルが起こりやすくなります。

スケジュールはある程度の余裕を持たせることが大切です。

そのうえで「時間に余裕ができた場合はここを訪れる」といった余裕ができたとき用の予定も用意しておくのがおすすめ。

予定の記載方法

スケジュール表の記載方法には次のようなものがあります。

  • 単に予定を書き並べる
  • 表にする
  • 地図に時刻を書き込む

書き並べたり表にすると予定の流れが分かりやすく、地図に時刻を書き込むと位置関係が分かりやすくなります。

いずれの方法も大切なのは見やすく分かりやすいことです。あとは予定の流れを重視するのか位置関係を重視するのかを考えて決めましょう。

予定は予定として考えよう

ここでは旅のしおりに旅行の日程表を載せるメリットや作るときの注意点、記入方法について紹介しました。

旅行の時間管理はその旅行がスムーズに進んでいくかの重要な要素です。無理のないスケジュールが組めているかを確認する意味でも、旅のしおりに日程表を入れることは大切でしょう。

ただし、予定はあくまで予定です。

予定に縛られて旅行が窮屈に、ストレスの溜まるものになっては元も子もありません。

あくまで予定は予定として割り切り、旅行を楽しむことを大切にしましょう。

まとめ

  • スケジュール表は予定や時間の管理を共有できる
  • 旅行の記録にもなる
  • 行き先、時間をハッキリさせ重要なポイントは強調する
  • ゆとりのある予定を組み、時間に余裕ができたとき用の予定も考えておく

スケジュール表は旅のしおりのメインとなる項目です。
メンバーで共有することで「ついてくるだけの人」をなくしましょう。

\他の項目は下のリンクから!/

広告:

広告:

更新日:

Copyright© 旅のしおりweb , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.