旅のしおりの項目

旅行の参加メンバーを書くことで盛り上がる

更新日:

内容を修正加筆し作り直したこちらのページを是非御覧ください。
参加メンバー表の意味とちょっとした工夫 - 旅行の一体感を出し旅行の記録にも

参加メンバーを書く意味は何でしょうか。

少人数の場合は誰が来るかというのは分かり切ったことです。

わざわざ書くことなんでしょうか。

何人が参加しているか

参加者の把握という意味では、参加メンバーの記載は便利です。
中でも誰が参加しているのかが分かりにくい(例えば多人数の旅行で参加・不参加が知れ渡りづらいなど)場合などに有効です。

もし2,3人での旅行だとして、メンバーは誰かなんてみんな知っているという場合は参加メンバー欄は必要ないかもしれません。

多人数の場合の記載方法

修学旅行や社内旅行など大人数での旅行の場合は全員の名前をすべて記載すると大変なのでグループ単位、班単位にすることも可能です。

詳細なメンバー表は別途参加者一覧として代表者が用意しておけば旅のしおりとしては特に問題がありません。

メンバーの一体感を盛り上げる

参加メンバーの記載は参加者の把握という意味だけではありません。

仲良しグループでの旅行の場合は参加メンバーを記載することで一体感が盛り上げます。

また、あとで振り返るときにも、この旅行に誰が参加していたのかも分かります。

本名フルネーム、名前だけ、ニックネームなど書き方に工夫もできます。
実際に役割がなくても適当な役割・肩書なんかを添えてもいいかもしれませんね。(ex.班長、盛り上げ役、など)

広告:

広告:

-旅のしおりの項目
-

Copyright© 旅のしおりweb , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.