旅のしおりの項目

どんな連絡先を書いておくと便利かを考えよう

更新日:

内容を修正加筆し作り直したこちらのページを是非御覧ください。
連絡先を確認しよう - 旅のしおりに連絡先を載せておくと安心な理由

連絡先と言っても大抵が携帯電話のメモリに入力済みであったり、ちょっと調べれば簡単に出てくるものが大半です。

それではどのような相手の連絡先が必要でしょうか。

旅行参加者

こちらは人数にもよりますが

多人数の場合は参加者名簿として代表者が持っておけばいいかと思います。

そうではない比較的少人数の場合、携帯に入っているケースもあるかと思いますが、万が一に備えて各参加者の緊急連絡先(自宅など)も合わせてあるといいかもしれません。

ただどこまでをしおりに記載するかはしっかり判断しましょう。

訪問先

訪問先の住所や電話番号は別行動になってしまったときなどにあると便利です。

ちょっとしたと連絡を宿泊施設に入れたいときや、訪問先に問い合わせる必要があるときにもとても便利な情報です。

その他

その他にも交通機関や旅行会社などもしもの時に必要な連絡先があれば記入しておきましょう。

運動部の合宿旅行なんかでは周辺の病院等の情報なんていうのもあったらいいかもしれません。

連絡先の取り扱い

このような連絡先を旅のしおりに記載するかはしっかり検討してみましょう。

連絡先は大切な個人情報が記載されています。
中には記入して欲しくないという参加者もいるかもしれません。
旅のしおりも落としてしまったりするケースが考えられるので、何を旅のしおりに記載し、何を代表者のみ把握しておけばいいのかを判断しましょう。

無くてもいいけどあると便利な連絡先

スマホ一つで大抵のことが調べられるので、連絡先の重要度はそんなに高くはないかもしれません。

正になくてもいいけどあると便利なこともある。

この程度のように思います。

万が一に備える。
この考えで連絡先の記載を考えましょう。

広告:

広告:

-旅のしおりの項目
-

Copyright© 旅のしおりweb , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.